覚えておきたい強弱記号

楽典
スポンサーリンク

楽譜を読むと音符だけではなくいろんな記号が出てきます。

記号は、どう演奏するかを示してくれるものなので、ある程度覚えておきましょう。

スポンサーリンク

基本となる強弱記号

これは絶対に覚えましょう。

p(ピアノ)…弱く

fフォルテ…強く

上記2つの記号に記号をくっつけていくことで、微妙な強弱を示します。

mezzo(メッゾ)…半分

pとfにmezzoを使って強さを順番に並べると

p→mp→mf→f

小さく→やや小さく→やや大きく→大きく

同じ記号を複数並べる

例えばpを2つ並べると→pp

ppはとても弱くという意味になります。

pとfが2つ以上並ぶと「とても」「より」という意味になるので、これを使って強さを順番に並べるとこうなります。

ppp→pp→p→mp→mf→f→ff→fff

<読み方>

ppp…ピアニッシシモ

pp…ピアニッシモ

p…ピアノ

mp…メゾピアノ

mf…メゾフォルテ

f…フォルテ

ff…フォルティッシモ

fff…フォルティッシシモ

他にもくっつける記号がある

記号をプラスして強弱を変える記号はまだあります。

molto…とても

poco…少し

possobile…できるだけ

急に強弱を変える時

fp(フォルテピアノ)⇄pf(ピアノフォルテ)

subito(すぐに)…すぐに

fpは、fの直後にpで奏する記号。

subitoは、例えばsubito pと書かれていればすぐにピアノで奏するという意味になります。

比較するとき

meno(メノ)…少なく

piu(ピウ)…もっと

今までfでそうしていた場合

meno f…今までより弱く

piu f…今までより強く

という意味になります。

ちょっとややこしそうに感じますが、慣れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました