主要三和音の働きを詳しく

楽典
スポンサーリンク

主要三和音について詳しく解説します。

スポンサーリンク

主要三和音

主要三和音は、Ⅰ度・Ⅳ度・Ⅴ度の和音のことです。

この3つ和音はそれぞれトニック・ドミナント・サブドミナントという機能が備わっています。

まず、この3つの機能をCdurで解説します。

トニック(T)

トニックは、Ⅰ度の和音に備わっている機能です。

安定感があり、どの和音にも進むことができます。

ドミナント(D)

ドミナントは、Ⅴ度の和音に備わっている機能です。

Ⅰ度の和音に進もうとします。

サブドミナント(S)

サブドミナントは、Ⅳ度和音に備わっている機能です。

Ⅰ度和音とⅤ度和音に進もうとします。

主要三和音以外の和音の働き

上記で主要三和音には3つ働きがあると書きましたが、副三和音でもそれぞれ主要三和音に似た機能があるので、副三和音の働き具合をみてみましょう。

ちなみに、副三和音とは主要三和音以外の三和音のことです。

T・D・Sの機能をまとめる

T→どこにでも進む

D→Tに進む

S→DとTに進む

この機能を繋げると段落の終わりができます。(フレーズや曲の終わりのことです。)

段落の終わりのことを終止形(カデンツ)といいます。

どんぐり
どんぐり

では次に、終止形について説明するよ。

終止形(カデンツ)

終止形は、まとまりを感じさせます。

トニック・ドミナント・サブドミナントの3つの機能を活かしたまとまり(終止形)があるのでひとつずつみてみましょう。
以下からトニックをT、ドミナントをD、サブドミナントをSと書きます。

全終止(D→T)

全終止は、完全終止と不完全終止があります。

どちらもD→Tの進行による終止形です。

完全終止

D→Tの進行

和音でいうとⅤ→Ⅰの基本形の和音の進行による終止形です。

曲の最後によく使われます。

終わった感がより強く出るのが特徴。

不完全終止

D→Tの進行

和音でいうとⅤ→Ⅰの転回系の和音の進行による終止形です。

偽終止(D→T)

D→Tの進行

和音でいうとⅤ→Ⅵの和音進行による終止形です。

終わりと見せかけてフェイントかけてくる進行です。

変終止(S→T)

和音でいうとⅣ→Ⅰの和音進行による終止形です。

変終止は完全終止の後に使った場合に変終止と呼ばれます。

讃美歌の最後などに使われることから「アーメン終止」とも言われます。

半終止(T→D or S→D)

和音でいうとⅤの和音で終わる終止形です。

続きがあるように感じます。

まとめ

結婚式行って、讃美歌歌った時に最後「アーメン」っていうでしょ?

その時、「あ、アーメン終止だな」って心の中で思うといいよ。

別に意味はないけど。Byどんぐり

コメント

タイトルとURLをコピーしました