移調楽器についてちょっと詳しく

ガッキ
スポンサーリンク

移調楽器について少し詳しく説明します。

スポンサーリンク

移調楽器とは

実音と記音がちがう音の高さの楽器です。

移調楽器は、記音C「ド」に対して実音を示す○(実音)管と呼ばれます。

どんぐり
どんぐり

いくつか例を出すよ。

B管(クラリネットetc)の場合

B管の「ド」はB

記音の「ドレミファソラシド」で奏するとBdurになります。

B管で実音「ドレミファドラシド」(CDEFGAHC)を奏するときは

Es管(アルトサックスetc)の場合

Es管の「ド」はEs

記音の「ドレミファソラシド」で奏するとEsdurになります。

Es管で実音「ドレミファドラシド」(CDEFGAHC)を奏するときは

A管(クラリネットetc)の場合

A管の「ド」はA

記音の「ドレミファソラシド」で奏するとAdurになります。

A管で実音で「ドレミファドラシド」(CDEFGAHC)を奏するときは

F管(ホルンetc)の場合

F管の「ド」はF

記音の「ドレミファソラシド」で奏するとFdurになります。

F管で実音で「ドレミファドラシド」(CDEFGAHC)を奏するときは

C管(フルートetc)の場合

C管は、記音と実音は一致しています。
特に書きせません。

移高楽器

実音が記音よりオクターブ高く、または低く奏される楽器のこと。
ピッコロやコントラバスなどが移高楽器の仲間です。

まとめ

クラリネットやトランペットなど、同じ楽器でもいろんな管がある楽器もあるよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました