ビブラートはなぜ感動する?っていうギモンからなんかいろいろ考えちゃった話

ちょっとした hanashi
スポンサーリンク

どうも。どんぐりです。

今回は、ちょっとつらつら書いてみようと思います。

歌とか、楽器とか、メロディーラインを演奏するとき、ビブラートができるヒトは自然にかけませんか?

まだビブラートを習得していないヒトはビブラートかけたいなって思うヒトが多いと思います。

スポンサーリンク

まずは、ビブラートについて簡単に説明します

ビブラートって、音程をゆらす音の装飾法のひとつです。

長い音のときに音揺れてますよね。あれです。

どんぐりも楽器始めたとき、ビブラートかけられるようになりたいと思ったもんです。

で、練習してできるようになったときは自分に酔いしれましたよ。

ビブラートをかけると、急に演奏ウマイどんぐりになったような気がしたんです。

自分の表現方法がひとつ増えたから上手くなったっていうのは本当だけど。

ビブラートって誰がやりだした?どんな理由で?

今では当たり前にやっているビブラート。

誰がなんでやりだしたのか気になったんです。

ビブラートについて書いてありそうな本を読んだりググったりしてみたんですけど、見当たりませんでした。

だいたい、バロック時代にはビブラート奏法があったとか、ビブラートのやり方とか、そんな感じのことが書いてあります。

どんぐりが知りたいのはそういうことじゃなくて、誰がやりだして、どんな理由でやりだしたのかが気になる。。。

誰かが遊びでやりだしのかな。なんかそんな気がする。

もし、知っているヒトがいたら教えて欲しいです。

なんでビブラートに感動するんだろ

で、ビブラートをかけている演奏を聞いてると、

「演奏上手だなあ。」

「感動( ;∀;)」

ってなるんですよ。

音程が揺れただけでなんで感動するのかなって考えたんです。

どんぐりの結論はこれです

ヒトは、変化に憧れる。

その心は

《結論が出たときのどんぐり》

音程が変化するから感動するんだ。
だからビブラートという音程を揺らす奏法が浸透して現代まで受け継がれているんだ。

そういえば、曲もいろんな音程の音が並んでるよな。
音の移り変わり→変化
だから感動するのか。

ヒトが成長する→変化

ヒーローがどんどん強くなっていく→変化

感動。

そうか。変化するからヒトは感動するんだ。

変化とか、移り変わりとか、成長とか、大事にしよう。

まとめ

これ、ビブラートの話です。

ヒトを感動させるには変化が必要なんだと思ったどんぐりです。

なんか色々なことに活かせそうだなって思いました。

ビブラートについて書かれてる本が実際にあって、全くの見当違いだったら笑ってください。

まじでつらつら書いちゃった。

Byどんぐり

コメント

タイトルとURLをコピーしました