楽典

楽典

音符の書き方

音符はとにかく見やすく書きましょう。どんぐりが教えます。
楽典

覚えておきたい強弱記号

楽譜を読むと音符だけではなくいろんな記号が出てきます。 記号は、どう演奏するかを示してくれるものなので、ある程度覚えておきましょう。 基本となる強弱記号 これは絶対に覚えましょう。 p(ピ...
楽典

協和音程と不協和音程

和音には、いい感じの響きと濁った響きがあります。 協和音程と不協和音程 協和音程とは、調和して響く音程のことです。 不協和音程とは、協和しない音程のことです。 どんぐり いい感じの響きが協和...
スポンサーリンク
楽典

ポリフォニーとホモフォニー、あとモノフォニー

音楽にはいろんな形式とか様式があって、それぞれ名前がついています。 今回は、「ポリフォニー」と「ホモフォニー」と呼ばれる音楽について説明します。
楽典

音楽の3要素

音楽は、3つの要素で成り立っています。(西洋音楽の話です。) 音楽の3要素 西洋音楽では、3つの要素で音楽はできているとされています。 どんぐり 西洋音楽とは、ヨーロッパが起源の音楽のこと...
楽典

主要三和音の働きを詳しく

主要三和音の機能について解説します。トニック・ドミナント・サブドミナントという3つの機能を理解して終止形を覚えましょう。
楽典

和音の転回系

和音の重ね方にはパターンがあります。 和音の基本形 まず、和音の基本形はいちばん下の音が根音の和音です。 和音の転回系 転回系は、根音以外の構成音がいちばん下の音になる和音です。 ...
楽典

四和音

四和音について解説します。中でも属七と言われる和音はとても大事な和音です、よく覚えておきましょう。
楽典

三和音

三和音について解説します。三和音には、主要三和音と副三和音の2種類に分かれます。主要三和音の働き(トニック、ドミナント、サブドミナント)についてよく覚えておきましょう。
楽典

和音

和音について解説します。
タイトルとURLをコピーしました