音程

楽典
スポンサーリンク

音程について解説するよ。

スポンサーリンク

音程

音程とは、2音間の高さの距離のことです。

音程の距離は度数で表します。

上記の楽譜をみてみると、

基準の「ド」から数えて度数が決まっていくことがわかります。

「ド」から「ミ」だったら、

「ド」から数えるので、「ド」①「レ」②「ミ」③で、3度になります。

「ソ」だったら5度ということですね。

音程は、重ねたり並べたりすることで、和音やメロディーがつくられます。

これにも名前がついていて、

  • 和声音程…音程を重ねた状態
  • 旋律音程…音程を並べた状態

といいます。

どんぐり
どんぐり

ちなみに、同じ音の高さ(1度)で演奏することをユニゾン(unisson)というよ。「斉唱」は、ユニゾンということ。

音程を細かくみる前に

音程を細かくみる前に、全音と半音について解説しておきます。

  • 半音…隣同士の音程
  • 全音…半音は2つ含まれた音程

半音と全音、覚えておきましょう!

音程を読む

上記で度数の数え方が変わったところで、さらに詳しく音の距離をみてきたいと思います。

まず、音程を読むときの基本は幹音のみで構成されている音程です。

どんぐり
どんぐり

幹音というのは、変化記号がついていない音だよ。

それを踏まえてみていきます。

次に、細かく分けた音程はこちら

  • 完全音程
  • 長音程
  • 短音程

詳しく解説していきます。

完全音程

完全音程といわれるのは、1度・4度・5度・8度です。

  • 完全1度…同じ音
  • 完全4度・完全5度…半音がひとつ入る
  • 完全8度…オクターブ

「完全」より音程が広くなったり狭くなったりするとき

例外もあります。

例えば、「ファ」から「シ」の音程は、半音がなく全音だけで構成されています。

こういうときは「増」を使って増4度になります。

額の「シ」から「ファ」は半音が2つ入ってしまっています。

これを減5度といいます。

つまり、完全音程より広く、または狭くなるときは「増」と「減」を使います。

長音程・短音程

長音程・短音程といわれるのは、2度・3度・6度・7度です。

音の組み合わせによって距離が広くなったり狭くなったりします。

2度・3度の長短音程

2度と3度は、短音程で半音が1つ入ります。

6度と7度の長短音程

6度と7度は、長音程で半音が1つ、短音程で半音が2つ入ります。

変化記号がついた場合

変化記号がつく場合も考え方は変わりません。

距離が広くなれば長音程または増音程

距離が狭くなれば短音程または減音程になります。

ここまでをまとまてみる

距離は狭い→広いの順にすると

1度・4度・5度・8度=減音程→完全音程→増音程

2度・3度・6度・7度=減音程→短音程→長音程→増音程

どんぐり
どんぐり

半音広くなるか狭くなるかがポイント!

まとめ

数字と音楽は近い。ん?Byどんぐり

コメント

タイトルとURLをコピーしました