音階

楽典
スポンサーリンク

音階について解説します。

スポンサーリンク

音階(scale スケール)

音階とは、1オクターブ上(下)の同音まで一定の順序で並んだ音列のことです。

音階は4種類あります。

  • 長音階
  • 短音階
  • 全音階
  • 半音階
どんぐり
どんぐり

まず、音階の構成されている音を紹介するよ。

音階の構成音

どんぐり
どんぐり

音階の構成音には名前があるよ。

主音

音階の基本になる音でいちばん重要な音。

上主音

主音の上にいるから「上主音」。

中音

主音と属音の真ん中にいて、長調と単調を区別する重要な音。

下属音

主音の完全5度下にあり、主音と属音を補助する役割をもつ音。

属音

主音の完全5度上にあり、主音を決めることができる音。

下中音

主音と下属音の真ん中にいて、中音と同じく長調と単調を区別するバイプレーヤーB。

導音

主音に進む性格をもった音。
導音は第7音にあるから導音というわけではなく、主音との距離が短2度の場合のみを導音といいます。

まとめるとこんなかんじ

長音階(major scale メジャースケール)

長音階とは、主音と中音が長3度の距離になっている音階のことです。
明るい響の音階だと思ってください。

主音から、全音→全音→半音→全音→全音→全音→半音の順に並んでいます。

※長3度ってどういうこと?っていう方はこちらをみてね

どんぐり
どんぐり

長音階は2種類に分けられるよ。

嬰種長音階(えいしゅちょうおんかい)

嬰種長音階とは、ハ長調の主音を基準に完全5度上の音(属音)を主音にした音階のことです。

変種長音階(へんしゅちょうおんかい)

変種長音階とは、嬰種長音階とは、ハ長調の主音を基準に完全5度下の音(下属音)を主音にした音階のことです。

短音階(minor scale マイナースケール)

短音階は、主音と中音が短3度の距離になっている音階のことです。
暗い響きの音階だと思ってください。

主音から、全音→半音→全音→全音→半音→全音→全音の順に並んでいます。

どんぐり
どんぐり

短音階は3種類に分けることができるよ。

自然短音階

自然短音階は、導音がない音階です。
導音がないため、終止感がないのが特徴。

どんぐり
どんぐり

主音との距離が長2度だから導音とは言えないね。

「終止」とは、楽曲や楽節の終わりのことだよ。

和声(的)短音階

和声短音階は、自然短音階の第7音を半音上げた導音のある音階です。
導音があることで和声的な終止感ができます。
和声(ハーモニー)をつくるのに適した音階だが、旋律(メロディー)をつくるのには適していない。

どんぐり
どんぐり

増2度(第6音と第7音)は歌いにくい音程なんだ。

旋律(的)短音階

旋律短音階は、上行系で第6音と第7音を半音上げて下行系で自然短音階と同じ音列にした音階です。
和声短音階は第6音と第7音が増2度で歌いにくい音程だったが、その第6音を半音上げることで増2度を解消しました。
旋律(メロディー)をつくるのに適した音階です。

なぜ下行系は自然短音階なのか?

上行系の導音は必要な音なのですが、下行系では導音が不要になってしまうからです。
上記の理由から、下行系は半音上げる意味がないので自然短音階になります。

どんぐり
どんぐり

余計なことはしないということか…!!!

全音階(全音階的音階)と半音階

全音階とは、臨時記号を使わない長音階と自然短音階のことです。
1オクターブを5つの全音と2つの半音に分割しています。

半音階とは、1オクターブを均等に12等分した音階のことです。

まとめ

音にも性格があるんだよ。Byどんぐり

コメント

タイトルとURLをコピーしました