変化記号

楽典
スポンサーリンク

変化記号について解説します。

どんぐり
どんぐり

この記事を読むと、変化記号の種類と変化記号のルールがわかるよ。

スポンサーリンク

変化記号とは

変化記号とは、派生音についた音を変化させる記号のこと。

変化記号の種類

変化記号の種類は5つ。

  • シャープ…半音高くする
  • ダブルシャープ…半音を2個分高くする
  • フラット…半音低くする
  • ダブルフラット…半音を2個分低くする
  • ナチュラル…調号・臨時記号を解除する

変化記号の種類

変化記号の種類は2種類あります。

  • 臨時記号
  • 調号

それぞれの特徴をみてみましょう。

臨時記号

臨時記号は、曲の途中で一時的に変化させることができます。

上記の場合は、「ソ」と「ミ」が一時的に半音上がる。

調号

調号は、曲全体を変化させます。

上記の場合は、「ファ」と「ド」が曲全体を通して半音上がる。

臨時記号のルール

どんぐり
どんぐり

臨時記号にはルールがいくつかあるから覚えておこう。

小節内に限り、記譜上の同じ高さの音に有効

※8va…1オクターブ上げて演奏する

譜面上では同じ高さに書いてあるから1オクターブ上げても臨時記号は有効。

音部記号が変わっても有効

※音部記号…ト音記号やヘ音記号のこと

タイで繋がっているときは有効

大譜表で段が違うときは無効

大譜表はピアノに使われる楽譜。

変化記号について補足

・新たな臨時記号は、調号も、前の臨時記号も無効化する

・変化記号は幹音のみにつく記号

まとめ

変化記号って、魔法みたい。Byどんぐり


コメント

タイトルとURLをコピーしました