三和音

楽典
スポンサーリンク

三和音について解説します。

スポンサーリンク

三和音

三和音とは、音が3つ重なった和音のことです。
3度の音程間隔で重なっています。

三和音は4種類あります。

  • 長三和音
  • 短三和音
  • 増三和音
  • 減三和音

どんぐり
どんぐり

では、この4つの種類をひとつひとつみてみよう。

長三和音

長三和音は、下から長3度→短3度で重ねます

短三和音

短三和音は、下から短三度→長3度で重ねます。

増三和音

増三和音は、下から長3度→長3度で重ねます。

減三和音

減三和音は、下から短3度→短3度で重ねます。

音階で構成される三和音

音階で構成される音を根音として三和音をつくると以下の通りになります。

下の数字は和音記号といい、1度、2度、3度….と呼びます。

この和音のうち、Ⅰ度、Ⅳ度、Ⅴ度の和音を主要三和音

Ⅱ度、Ⅲ度、Ⅵ度、Ⅶ度の和音を副三和音といいます。

主要三和音

主要三和音は、その名の通り重要な働きをしてくれる三和音です。

どんぐり
どんぐり

それぞれの特徴をみてみよう。

主和音(トニック)

主和音は主役であり、安定した和音です。
Ⅰ度の和音はどの和音にも進むことができます。
この働きをトニックといいます。

Ⅵ度の和音も同じ性質を持っています。

属和音(ドミナント)

Ⅴ度の和音を属和音といいます。Ⅰ度に向かいたくなる和音です。
これをドミナントといいます。
上記の性質は、属七になるとより強くなります。

Ⅶの和音は、属七と同じ性質を持ちます。

下属和音(サブドミナント)

下属和音は、属和音が不安定なら少し不安定な和音で、和音の進行に広がりを持たせてくれます。
このⅣ和音は、主和音と属和音に進みます。これをサブドミナントといいます。

Ⅱ度の和音が同じ性質を持ちます。

短調のとき

短調の和音のときも、主要三和音の働きは変わりません。

まとめ

《主要三和音の関係》

トニック→どこにでも進める

ドミナント→トニックのみ進める

サブドミナント→トニック、ドミナントに進める

なんか、団子食べたくなったな。Byどんぐり

コメント

タイトルとURLをコピーしました