音符と休符

楽典
スポンサーリンク

音符と休符について解説します。

スポンサーリンク

音符

音符とは、音の長さと高さを示すものです。

音符の種類は3種類

  • 単純音符
  • 付点音符
  • 複付点音符

単純音符

単純音符の種類をみてみましょう。

全音符
2分音符全音符の2分の1の長さ
4分音符全音符の4分の1の長さ
8分音符全音符の8分の1の長さ
16分音符全音符の16分の1の長さ
32分音符全音符の32分の1の長さ
どんぐり
どんぐり

次に音符のカタチをみてみよう。

音符の長さをどんぐりで考えるとこんな感じ。

付点音符

付点音符の長さは、

付点音符=単純音符+単純音符の2分の1

複付点音符

複付点音符の長さは、

複付点音符=単純音符+単純音符の2分の1+そのまた2分の1

休符

休符とは、音が休止している長さを示すものです。

休符の長さはカタチがちがうだけで音符を同じです。

全休符
2分休符全休符の2分の1
4分休符全休符の4分の1
8分休符全休符の8分の1
16分休符全休符の16分の1
32分休符全休符の32分の1
どんぐり
どんぐり

考え方は一緒だからカタチを覚えよう。

付点休符

付点休符の長さは、

付点休符=単純休符+単純休符の2分の1

複付点休符

複付点休符の長さは、

複付点休符=単純休符+単純休符の2分の1+そのまた2分の1

まとめ

音符と休符を覚えるのは、文字を覚えるようなもんだね。Byどんぐり


コメント

タイトルとURLをコピーしました